Top > ブログ > ハートチャクラ
ハートチャクラ

チャクラ&オーラ図ハートチャクラはチャクラで言うとちょうど真ん中にあるチャクラで、愛と調和チャクラです。サンスクリット語ではアナーハタ(衝突のない)と呼ばれています。

ハートチャクラは、人間性を支える下位のチャクラと霊性につながる上位のチャクラの架け橋であり、すべてのものに対する隔ての無い博愛を司ります。〜ブレンダデービス著「チャクラ&パワーストーンの癒し」より〜

下位のチャクラはルートチャクラセイクラルチャクラソーラープレクサスチャクラ。上位のチャクラはハートチャクラ、スロートチャクラ、サードアイ、クラウンチャクラになります。

クリスタルボウルでヒーリングをしていると時々、ハートチャクラの辺りが苦しそうな方がいらっしゃいます。そう言う方に共通しているのは愛を表現できていないということです。愛が欲しいからエネルギー的に滞っているという言い方も出来ますが、私が受け取っているハートチャクラからのメッセージは、「愛を与えたい」というメッセージです。ヒーリングを受けに来られる方の中でも思い違いされていることがあるのですが、「わたしはもっと愛が欲しい。」と思いこんでいるけれど、ハートチャクラ的には「私の中にある無尽蔵の愛をもっと与えたい♡」と思っていることです。心が苦しいというのはもしかしたら思い込みで、表現できなくて苦しいのかもしれません。

誰かから優しい言葉をかけられたり、褒められたり、手伝ってもらったりと愛を貰うことで元気になるのは本当ですし、そうすることが必要な時もあります。でもヒーリングを受けに来てくれる方々のエネルギーをチェックすると、愛を与えたい、愛のカタチを表現したいという気持ちが強いように感じます。その表現方法がわからなくて心が苦しくなっているようです。”表現”に関してはスロートチャクラやソーラープレクサスチャクラとも関係してくるのですが、基本的に日本人は口下手表現下手なので、愛がたくさんあっても表現する方法がわからないという方が多いようです。

個人的に思うのは日本の方はハート(愛)が大きいということです。(外国の方にセッションをしたことがないので、断定的には言えませんが、、、。)どんな愛のカタチを創造していきたいのか、どういう風に愛のカタチを表現していきたいのかを学んで行くと、私たちの周りに愛が広がって行くでしょう

go to top