Top > ブログ > より広大な私=ワンネス
より広大な私=ワンネス

私たちの中には、”つながっていたい=一つでいたい”という欲求と、”私でいたい”という矛盾した欲求があります。つまり、一つの意識から個として分離したという思い込みから”孤独感”を抱いています。反対に一つの意識であるワンネスになると私という存在がなくなってしまいのではないかという”無価値観”をいだいています。人類は根源的に、この孤独感と無価値観を持っています。

ワンネスと個の感覚を体験的に、そして全感覚で理解すると、この孤独感と無価値観を味わう必要がなくなります。私であるすべての人、すべてのもの、すべての出来事、すべての時間を私が創造しているからです。

私の経験を例にすると…
昨年からセルフビルドで家を建てようとしています。セルフビルドだから私ひとりで全部作らねば!という思い込みがありました。私にも存在価値があることを自分で認めたくて、一人で全てをやろうとしていました。そしてできない自分に腹を立て、誰か協力してくれる人を”中途半端に”求めていました。中途半端の理由は、私でない誰かができるのであれば私は必要ないじゃないか、という無価値観です。

でもこの無価値観は、ワンネスに気づいた時になくなりました。
私が家を作る=セルフビルドするという感覚は持ったままですが、私である友人や大工さん、プロの協力を求めても、私が作っていることがわかりました。誰に協力を頼もうと、誰と一緒に作ろうと”私がセルフビルドした家”なのです。私の持っていない素晴らしい才能を持つもう一人の私と一緒に家を作るのです。私の知らないことをもう一人の私に教えてもらいながら、一緒に手伝ってもらいながら、これ以上ないほどの感謝を捧げることができます。そしてたくさんの私が力を合わせ、エネルギーを注ぐことで、私一人では注げない多くの愛というエネルギーを家に注ぐことができます☆

ワンネスであること、それはより大きく広がりのある私のことです。

これから私たち人類は、”私である私たち”という感覚をはっきりと持つようになります。いずれの日にか、物理的に遠く離れたもう一人の私が感じたり経験していることを、自分自身のことのように認識できるようになるでしょう。今すでにそのような感覚をごく身近なパートナーと感じあっている方々もいるのではないでしょうか。その感覚が少しずつ家族や友人へと広がっていくでしょう。そしてその感覚は植物や生き物、メタフィジカルな存在たちにも広がっていき、いつしか私たち=地球の意識そのものになるときがくるでしょう。

私たちは私という個でありながらより広大な意識として、地球や宇宙を感じられるようになります。より深遠な神秘をこれから知ることができます。私たちが待ち望んでいた時がやってきました☆

go to top