Top > ブログ > 感覚を繊細にするということ
感覚を繊細にするということ

クリスタルボウルの講座で、「感覚を繊細にすることが大切です」とよくお話しをします。

クリスタルボウルを演奏いていると、聴覚だけではなく、身体感覚がより繊細になっていきます。それは演奏すればするほど繊細になって行きます。

なぜ感覚を繊細にするといいのかというと、一番大きな理由は自分自身のことが良くわかるからです。

心の動き、身体の小さな変化、チャクラやオーラの変化、気分の変化、土地や部屋・空間の雰囲気、周りの人や環境の変化や違いがよくわかるようになって行きます。

その変化や違いがわかるようになると、自分自身にとって快なのか、それとも不快なのかがわかります。身体が求めていることかどうかがわかります。また魂が求めることもわかるようになります。仮に不快だと思う状況だとしても、「魂がそこにいる必要がある。そこにいることで必要なメッセージや学びがある」と感じとることもできます。

こういった微妙な感覚を感じわけられる繊細な感覚を身につけていくと、自分自身を深く理解できるようになりますし、どの人生の道を歩んで行ったらいいのかを感覚的にわかるようになります。そしてあなた自身のことを知れば知るほど周りの友人や家族の似ているところも、違うところもよくわかります。そして言葉のニュアンスを感じわけられるようになるので、コミュニケーションのズレが少なくなります。理解しやすくなります。

もちろん様々なことを感じ取れる=わかるようになっても、何を選択するかは自由です。

身体に悪い(下痢する)とわかっていても、ラーメンを食べてもいいのです(笑

go to top