Top > ブログ > ハートの鼓動
ハートの鼓動

昨日の新月はいかがだったでしょうか?

21時からと言っておきながら21時に家に間に合わなかったので、ハートの鼓動を聴くにはちょっとうるさかったので、移動しながらイメージングしていました(笑

太陽の日の光と月の影の光が統合されて行くイメージです。善と悪、光と闇と言ってもいいかもしれません。

その光と闇の統合をイメージしながら浮かんできたのは「私は全てである。全てである私が闇を恐れる必要はない。闇があることを受け入れることで、より自由に選択することができる」ということでした。

光と闇をイメージしながら、その源を辿って行くと、元々は同じただのエネルギーでした。うまく言えませんが、光でもなく、色もなく、”無”と言っていいようなただのエネルギー。その色の付いていない無のエネルギーに私たちが色や意味を付けているようです。

その後、自宅に帰ってからハートの鼓動を感じていました。トクントクンという音は今回は聴こえなかったのですが、脈打つ波を身体全体で感じながら、深い瞑想と、更に深い深い眠りへといざなわれました(笑

脈打つ感覚を身体で感じ取ることができるようになると、自分自身の身体の状態にも繊細に感じ取れるようになっていきます。それが、自分自身の心の状態や声を感じ取る能力も高めてくれます。

時々、寝る前にでもハートの鼓動を感じてみてください。

go to top