Top > ブログ > いつもと違うギャップ
いつもと違うギャップ

先日の新月はいかがだったでしょうか。

「自分の枠を外すワーク」をしようということで何しようかなと考えていました。

そもそも、このワークのヒントをくれた人は、見栄やプライド、エゴを打ち壊すようなことをしなさい、という趣旨で言っていたと思います。

そこで、一つは目立つことを恐れないようにしよう、ということは決めました。大学のスクーリングに行くと、目立つつもりはないのですが、何となく目立ってしまう。目立つという表現はピッタリではなく、よく言えば一目置かれる、悪く言うとちょっと変わった人、と見られる感じ。

以前から注目が集まるのを避けるために、気配を消すようにしていたのですが、それはもうやめようと。何しても目立っちゃうんだから、素のままでいようと決めました。

あと、今回の新月でやってみたのは、普段しないことをしてみること。

普段しないことをするから相手もビックリ、でも喜んでくれました(笑

思いがけず嬉しいご褒美をいただいてしまいました。

”(自分)らしい”ことをしていると、ごくごく当たり前で周りの人の反応薄いですよね。でも普段と違うことをすると、周りの人はビックリ!そして喜んでくれたり、新しい発見をしたりするんだなぁと。

例えば、ご飯を作ってもらうのが当たり前の人が、突然ご飯を作ってあげるとか、普段無口な人が突然熱くしゃべったり、普段のんびりの人がテキパキ仕事をしたり、普段カジュアルな服しか来ない人がカチッとフォーマルな格好をしたり。

そういうギャップがあると、「おぉ!?」と反応が大きいのですね。

今回はそんなことに気づくいい機会になりました。

ではでは、よい週末を☆

go to top